タグ:歯のトラブル ( 3 ) タグの人気記事

 

歯の生え換わる年齢の話 「早い?遅い?」


みなさんからよくいただくご質問に、次のようなものがあります。
「周りの子供と比べると、乳歯が生えてきた時期はあまり変わらなかったのに、永久歯へ生え換わるのがどうも遅いように感じます。」
さて、歯の生え換わりのトラブルというものは、そんな頻繁に起こるものなのでしょうか?

このテーマを進める前に、まず乳歯と永久歯はそれぞれ何歳ぐらいに生えるのが普通なのかを考えてみましょう。

乳歯は通常、生後約8か月ぐらいから下顎乳中切歯(一番前方の歯)の萌出が開始して、2歳半ごろにすべての乳歯(上下歯列あわせて20本)が揃います。
出てくる順番が多少入れ替わることはありますが、乳歯が萌出する時期自体にはあまりばらつきがなく、せいぜい±6か月ぐらいの範囲に収まります。
ですので乳歯列期は歯の萌出のことで心配されるケースは少ないと思われます。

つぎは永久歯について考えてみましょう。一番最初に生えてくる永久歯は「第一大臼歯」と呼ばれる大きな歯です。第一大臼歯は乳歯から生え換わる歯ではなく、第二乳臼歯(一番後方の乳歯)のさらに後ろ側に生えてきます。6歳ごろに生え始めるため、「6歳臼歯」という別名で呼ばれることがあります。
ほとんど同じタイミングで、下顎歯列の前歯部が乳歯から永久歯へと生え換わり始めます。だいたい6~8歳の時期にかけて、上下それぞれ4本ずつ、あわせて8本の前歯が永久歯へと交換します。

ここから少し時間をおいて、10~11歳ごろに再び歯の交換ラッシュがやってきます。乳犬歯(前から数えて3番目の歯)から第二乳臼歯(前から5番目の歯)にかけての歯が、次々と永久歯へ生え換わります。

最後に、12歳前後に第二大臼歯という歯が第一大臼歯の後ろに萌出して、永久歯の萌出が終了します。この歯は12歳ごろに生えるため「12歳臼歯」という別名を持ちます。

実は、この永久歯の萌出時期は個人差がとても大きいことが知られています。10歳ごろにすべての永久歯が揃うようなケースがある一方で、16歳になってもまだ乳歯が残っていることもあります。
ですので、歯の生え換わりが多少早く、あるいは遅く感じられるような場合でも、標準的な誤差の範囲内に収まる場合がほとんどです。

今回の主題に戻りますと、乳歯の萌出する時期はみんな差がないのに、永久歯への生え換わりになると急に個人差が出てきてしまうために、不安に感じやすい・・・といったストーリーが読み取れそうです。

一般的には、歯の生え換わり全体がゆっくりであるような場合は、ほとんど心配する必要はありません。ただし、他の部位と比べてどこか1か所の交換が非常に遅れているというような場合には、永久歯の先天欠如や埋伏などの問題がかくされている可能性があります。

過度の心配は不要ですが、気になる場合は矯正歯科の医院でご相談下さい。


by yamawaki2527 | 2011-05-27 23:45 | 歯ならびの話  

夏の口内炎


京都は連日の猛暑です。毎朝クマゼミが嬉しそうに鳴いています。
地球温暖化が進んでいるのか、南で多いはずのクマゼミが増えている気がします。

さて、今回のテーマは「夏の口内炎」です。

矯正治療中に出来ると気になる口内炎。原因として色々な事が考えられており、実際に多くの要因が関係しているようですが、口内炎が出来るしくみはまだ完全には解明されていません。

そんな口内炎の原因の1つとして考えられているのが、ビタミンB群やビタミンCの欠乏です。
夏は食欲が減退し、めん類などの糖質中心の食事になりがちです。糖質を代謝するときにビタミンBが消費されるため、夏はビタミンBが不足しやすい時期となっています。また、日焼けの予防・日焼けからの回復にビタミンCが関与するため、ビタミンCも不足しやすくなっています。

ビタミンを十分に摂っていたら口内炎にならない・・という訳ではないのですが、最近よく口内炎が出来るという方は食生活を見直すのも良いかも知れないですよ。

口内炎の一部は矯正器具が粘膜にすれることで生じたり、悪化することがあります。矯正治療を始めて間もないころは、寝ている間に無意識で頬や唇を動かすことで傷ができて口内炎に進むことがありますので、器具が気になるときは予めお渡ししている保護材を器具につけてから寝るようにしましょう。
なかなか口内炎が治らないときや痛みが強いときは、器具の調整や薬の処方を行いますので、あまり無理をせずにご連絡をいただくようお願いしてます。

c0193833_242337.gif

by yamawaki2527 | 2010-07-23 02:33 | その他  

6月の歯の学会


c0193833_12374015.jpgさる6月13日、大阪千里ライフサイエンスセンターで第52回近畿東海矯正歯科学会学術大会が開催されました。

学術大会とは研究発表や臨床報告を行う場で、学会にもよりますが通常1年に1回開催されます。
発表とは、自分が研究してきた内容について、同じ分野を研究している人や、違う立場の人からの意見を集めて、今後の研究や論文作成の参考にするものです。

山脇矯正歯科は、今年も当学会での発表を行いました。今回は大阪府のたかぎ歯科・矯正歯科 院長 高木秀人先生と、大阪歯科大学歯科矯正学講座 助教 蓮舎寛樹先生との共同発表です。
発表では、かみ合わせの深さをもとに前歯の歯根への負担量を推定するIIDDという計測項目について述べています。
c0193833_12382182.jpg

この計測項目と手法は当院副院長が発案・提唱しているものです。
これは矯正治療法そのものを進化させるための研究ではなく、矯正治療のときに一定確率で起こる「歯根吸収」という嬉しくない偶発症が、どの程度起こりやすそうかということを予測するためのものです。

すべての患者さんが、治療途中に何一つトラブルを経験することなく治療を完了できることが理想ですが、(矯正治療に限ったことではありませんが、)残念ながらこれは原理的に不可能なことです。
しかし問題点を予め察知することができると、対処するための機会が得られたり、場合によっては回避することも可能となります。

当院では、1人でも多くの患者さんが歯や歯周組織のトラブルに直面することなく治療を受けていただけるよう、これからもさまざまな努力を続けて行きたいと思っています。

c0193833_12384022.gif

by yamawaki2527 | 2010-07-05 12:52 | ちょっとアカデミックな話