タグ:歯のケア ( 5 ) タグの人気記事

 

どこでも電動歯ブラシ! ポケットドルツ


音波の作用で歯列のすみずみまで綺麗に磨ける、音波型電動歯ブラシ。同じ時間でも効率よく歯みがきが出来るため、いったん慣れてしまうと手放せなくなるアイテムです。

毎食後に歯を磨く習慣のある方は、外出時にも電動歯ブラシを使いたい、と思ったことがあるかも知れません。
しかし実際に電動歯ブラシを持ち歩こうとすると、いくつものハードルが待ち構えていることに気づきます。

1つ目のハードルは、電動歯ブラシ本体の大きさです。電動歯ブラシは内部に充電池があるため大柄なものが多く、ケースに収納してバッグに入れようとすると結構なスペースをとってしまいます。
2つ目のハードルは、1つの本体を家族で共用しているケースが多いということです。本体が比較的高価なため、自分用の替えブラシを付けて使用するのが一般的ですが、持ち出している間はほかの人が使うことができなくなってしまいます。

これらのハードルを一気に飛び越えてしまったのが、「ポケットドルツ」(パナソニック社製)です。

c0193833_20311110.jpg

第一印象は、とにかく小さい!!という事に尽きます。わずか45g、これならバッグにも余裕で入ります。価格も量販店で3000~4000円程度ですので、自分専用に持つことが出来そうです。

ポケットドルツは、歯ブラシの毛先が一分間あたり約16000回振動する音波型の電動歯ブラシです。
ソニッケアーの約31000回と比べると振動数は低く、ブラシの毛も柔らかくなっています。
そのため、音波型電動歯ブラシの一般的な使い方となっている「歯面にブラシをあてておく」ような磨き方ではなく、スクラビング法で磨くのが適しています。
その際はなるべくストロークを小さくして、あくまで毛先を歯間部や歯頚部(歯と歯ぐきとの境目)に届かせることに意識を集中します。(余談ですが、そもそもスクラビング法とはこういう磨き方をするものです。ほとんどの方は毛先をゴシゴシと派手にスライドさせていますが、それでは細部をうまく磨くことができません。)

正直に言いますと、使ってみるまでは「パワー不足なんじゃないかな?」とか「普通の歯ブラシで磨くのとほとんど変わらないのでは?」などと穿った見方をしていたのですが、実際に使用すると非常に優れたモノであることが分かりました。パナソニックさん、すみませんでした。

外出先で歯を磨く場合、どうしても十分な時間が取れないことが多いと思います。ポケットドルツは短い時間でも効率的に磨けるため、持ち歩くメリットは大きいと思います。
また思いもよらなかった利点として、振動がマイルドなため実際に使ってみると非常に「気持良い」感触が得られることが挙げられます。手早く気持ちよく磨けますので、歯磨きが億劫な人にもお勧めできるかも知れません。

c0193833_20313798.jpg

キャップを閉めるとこんな感じです。
カラーは写真のオレンジ色だけでなく、かなりのバリエーション(限定モデルのようですが、ピンクだけでも何種類もある?)が揃えられてます。ブラックモデルはブラシまで黒色でぎょっとしますが・・・

ブラシは約3か月ごとに交換するよう推奨されていますが、音波型電動歯ブラシとしてはやや柔らかめの毛が使用されていますので、マルチブラケットのような固定式の矯正装置を付けている方は1か月ごとに交換したほうが良いと思います。

歯磨きが大好きな人もそうでない人も、ポケットドルツで「毎食後歯磨き」にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

c0193833_2032140.gif

by yamawaki2527 | 2010-11-03 20:46 | その他  

夏の口内炎


京都は連日の猛暑です。毎朝クマゼミが嬉しそうに鳴いています。
地球温暖化が進んでいるのか、南で多いはずのクマゼミが増えている気がします。

さて、今回のテーマは「夏の口内炎」です。

矯正治療中に出来ると気になる口内炎。原因として色々な事が考えられており、実際に多くの要因が関係しているようですが、口内炎が出来るしくみはまだ完全には解明されていません。

そんな口内炎の原因の1つとして考えられているのが、ビタミンB群やビタミンCの欠乏です。
夏は食欲が減退し、めん類などの糖質中心の食事になりがちです。糖質を代謝するときにビタミンBが消費されるため、夏はビタミンBが不足しやすい時期となっています。また、日焼けの予防・日焼けからの回復にビタミンCが関与するため、ビタミンCも不足しやすくなっています。

ビタミンを十分に摂っていたら口内炎にならない・・という訳ではないのですが、最近よく口内炎が出来るという方は食生活を見直すのも良いかも知れないですよ。

口内炎の一部は矯正器具が粘膜にすれることで生じたり、悪化することがあります。矯正治療を始めて間もないころは、寝ている間に無意識で頬や唇を動かすことで傷ができて口内炎に進むことがありますので、器具が気になるときは予めお渡ししている保護材を器具につけてから寝るようにしましょう。
なかなか口内炎が治らないときや痛みが強いときは、器具の調整や薬の処方を行いますので、あまり無理をせずにご連絡をいただくようお願いしてます。

c0193833_242337.gif

by yamawaki2527 | 2010-07-23 02:33 | その他  

歯科検診と「かみあわせ」のチェック


5~6月は、京都では学校歯科検診の行われることが多い時期です。歯科検診で「虫歯があります」という報告書を貰われたことのある方は多いと思います。

検診は「スクリーニング」と呼ばれますが、これは多少でも疑わしければ「病院に行ってください」とお手紙を渡すことで、治療が必要な人を漏れなくピックアップすることが目的です。
ですから、病院で診てもらって下さいとのお手紙をもらっても、実際病院に行ってみると「とくに治療の必要はありません」と言われることもあります。

虫歯の確認については、このスクリーニングが有効に働いていると思いますが、歯科検診のチェック項目のひとつ「かみあわせの異常」については、現状は十分なスクリーニングがなされていないと感じます。
虫歯については、歯科医であれば誰でも判別がつくのですが、矯正治療については、矯正を専門に行っている歯科医師でないと、どのぐらいの問題があれば治療すべきなのか、適切に判断することは難しいです。そのため、実際には治療を行ったほうが良い人や、治療を受けることのメリットが大きい人でも、結構な割合の方が見過ごされているように感じます。

虫歯は近年では減少傾向となっていますが、叢生(歯並びのがたがた)などの咬合異常は増加傾向が見られるという報告があります。

歯ならびで気になることがあれば、一度お近くの専門医で問題がないか診てもらうことをお勧めします。

c0193833_1134127.jpg

by yamawaki2527 | 2010-06-11 11:12 | 矯正治療の話  

歯磨きとインフルエンザ予防


昨年より猛威をふるっていた新型インフルエンザですが、昨年末ぐらいからようやく終息の兆しが見えてきたようです。
1月最終週の京都府内での定点あたり新型インフルエンザ受診者数は約4人でした。ピークのころは30人以上だったため、勢いはおさまってきた印象を受けますが、まだまだ油断は禁物です。

ところで、みなさんはきちんと歯磨きをするとインフルエンザに感染しにくくなるという話をご存知でしょうか?
テレビ番組や新聞でも取り上げられたため、耳にされた方もいらっしゃるかと思います。

インフルエンザウイルスは、手についたウイルスが食べ物と一緒に入ってきたり、空中に漂っているウイルスを直接吸い込むなどして、喉の粘膜の細胞に付着することで感染すると言われています。
インフルエンザウイルスは、実はそのままの形ではうまく細胞に感染することができません。感染するためには、ウイルス表面にあるHAという名前の手が開いて、喉の細胞に捕まることが出来る形にならないといけないのです。
このHAという手は、人間の細胞や口の中の細菌が作り出すTLPという物質によって開きます。

2006年に発表された論文では、きちんとした歯磨きを行うことで口の中の細菌が減り、TLPという物質が大幅に減るために、インフルエンザにかかりにくくなるということが示されています。(ちなみに通常の風邪については、インフルエンザほどはっきりとした違いは無かったそうです。)

また2月8日の京都新聞の記事によると、東京のとある2か所の小学校で洗面台を増やして、給食後の歯磨きをきちんとさせたところ、都内の他の小学校と比べてインフルエンザによる学級閉鎖率がとても低かったそうです。

みなさんも手洗い・うがい・歯磨きを忘れないようにして、インフルエンザを撃退しましょう。

c0193833_03808.gif

by yamawaki2527 | 2010-02-10 00:51 | ちょっとアカデミックな話  

矯正日記 その3


(のぞみん)
☆矯正治療について☆

線(ワイヤー)を変える時期になりましたので、新しい線に替えてもらいました。

線の太さが一段階太くなったのでずっしり力が加わってるのが感じられました。
調整してもらってすぐは少し痛みがありましたが4~5日したらほとんど治まりました。
左側は右側に比べると痛みがなく、力が加わっているのを感じられたくらいでした。

少しずつ歯が動いてきたのでこれから楽しみです。001.gif

c0193833_1113121.jpg

☆ソニッケアーについて☆

矯正治療を始めてからソニッケアーと言う音波ブラシを使っています。

はじめは振動の音や歯ブラシ自体の大きさに慣れられなかったので、ブラシをきちんと歯に当てるのが難しかったです。しばらくは普通の歯ブラシと併用してましたが、使っているうちにだんだん慣れてきました。

音波ブラシは歯磨き粉を使わなくても歯の表面がツルツルになるのですごくビックリしました。005.gif
汚れの落ち方も普通の歯ブラシと違い、音波ブラシは近くに当てているだけで装置の間に挟まった食べかすなどがどんどん落ちてゆきます。

ただ充電がすぐなくなるのと充電時間がすごくかかるので、私の場合は夜だけ音波ブラシを使って朝昼は普通の歯ブラシで磨いています。

矯正治療中は、丁寧に歯を磨こうとするとすごく時間がかかりますが、音波ブラシは洗浄力が高く短時間できれいに磨けるので、慣れればすごく良いなと思いました。 060.gif

by yamawaki2527 | 2009-06-30 11:24 | 矯正日記