<   2011年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

永久歯の数の足りない子供が増えている?


永久歯は上下あわせて全部で何本生えるものなのか、ご存知でしょうか。
正解は28本です。(親知らずは数に入れません。)
このお話は以前にこの記事で取り上げたことがありますよね。

さて今回は、28本の永久歯のいずれかが不足した状態「先天欠如」についてのお話です。

通常は中学生ごろになるとすべての永久歯が生えそろうのですが、なかには永久歯の数が普通の人よりも少ないため、いつまで待っても全部の永久歯が揃わないことがあります。これを永久歯の先天欠如と呼びます。

先日の日本小児歯科学会では、永久歯の数が足りない子供の割合が増えている、しかも最近に生まれた子供ほどその確率が高く、1995年以降に生まれた子供に関しては約10人に1人の割合でいずれかの永久歯が先天欠如しているという驚くべき発表が行われました。

鹿児島大学をはじめとして全国7大学が共同研究を行い、15000人もの子供を対象に調査した研究ということですから、数字としてはまず間違いのないものでしょう。

矯正歯科に来られる患者さんにも、永久歯の数が足りないために歯並び・かみ合わせに問題が生じているケースがしばしば見受けられます。永久歯の先天欠如は、空隙歯列をはじめとした不正咬合の原因の一つとなります。

永久歯の先天欠如の有無については、患者さんがご自身で見分けることはかなり難しいと思います。
次の写真を見てみましょう。これは下顎の歯列を写したものですが、歯列の左側(写真では向かって右側になります)の一番後ろは、右側と見比べると歯が1本足りていないように見えます。一見すると、永久歯が足りていないのはこの場所だけに見えますが・・
c0193833_11293860.jpg

レントゲンで見ると、矢印の歯が他の歯とちょっと違うように見えますね。なんだか歯の根っこがほとんどありません。これは永久歯が生えて来なかったため残ってしまった乳歯だったのです。つまり、下顎の歯列は3本の永久歯が欠如していたことになります。
c0193833_11301124.jpg

乳歯がこのままずっと残せるのなら問題はないのですが、永久歯が生えてこない場合でも、ある時期になると乳歯の歯根はだんだん吸収されてしまい、通常はいずれ抜け落ちてしまいます。
上のレントゲン写真でも、乳歯の歯根はもうほとんど残っていない状態です。

先天欠如はDNA上の素因によって生じることが分かっていますが、その一方で、永久歯の先天欠如がだんだん増えている理由については実はまだよく分かっていません。
環境の変化や、進化(あるいは退化)によるものだろうとは考えられていますが、具体的に何が影響した結果なのか、今後人間の歯の数はどのように変化していくのかなど、詳しいことは今後の研究に委ねられています。

by yamawaki2527 | 2011-01-13 11:48 | 歯ならびの話