カテゴリ:京都の話題( 44 )

 

清水寺に初詣


c0193833_23115095.jpg(のぞみん)
衛生士ののぞみんです。
清水寺へ初詣に行ってきました。3連休に行ったので凄く人が多く寒かったです。でも京都の雰囲気を満喫出来て良かったです。

(副院長)
京都に住んでいると慣れてしまって「京都らしさ」にマヒしてしまいますが、清水寺や嵐山、伏見稲荷大社へ行くと京都を感じられていいですよね。

清水と言えば、「宇治茶のラングドシャ」の記事で登場した清水焼のひろ吉さんは清水寺のすぐ近くです。

(副院長)
そうそう、初詣はいつぐらいまでに行けばよいかご存じですか?

(のぞみん)
えっと。三が日ですか?

(副院長)
地域によって三が日だったり松の内だったりと慣わしがあるようですが、一月中であれば良いとされているみたいです。

by yamawaki2527 | 2009-01-20 11:07 | 京都の話題  

宇治茶のラングドシャ


京都・北山のマールブランシュさんが京都限定で販売されている「茶の菓」というラングドシャがあります。

c0193833_22463087.jpg

「茶の菓」は、宇治の濃茶をふんだんに使ったホワイトチョコのラングドシャです。京都大丸でも手に入れることができます。
他府県の友人に進呈するととっても喜ばれる逸品ですが、副院長はこれを自分のおやつに買う始末。
(写真の器は清水焼陶磁器本舗ひろ吉さんの器です。)


c0193833_2247192.jpgスイーツ売り場は早くもバレンタイン商戦に突入しており、「茶の菓」も特別な装いで販売されていました。

おやつに買おうとすると、ご丁寧に「バレンタインの包装でよろしいでしょうか」と尋ねられてしまいました・・・

みなさんもバレンタインデーのチョコに、自分のおやつにいかがですか?

by yamawaki2527 | 2009-01-17 23:53 | 京都の話題  

くるり、京都のロックバンド


みなさんは、「くるり」というバンドをご存じでしょうか。
京都出身の2人組、岸田繁氏・佐藤征史氏からなるこのバンドは、今やおそらく日本を代表するロックバンド(注釈1)の1つだと思います。

c0193833_22515659.jpgメジャーデビューアルバムは99年発売の「さよならストレンジャー」です。

写真はその裏表紙ですが・・いきなり京阪電車の深草駅です。
当時この写真のインパクトで思わずジャケ買い(注釈2)したのを覚えています。歌詞の中には「六地蔵」も隠れています。


くるりは「オルタナティブ・ロック」と称されることもあり、楽曲の方向性はアルバムによってかなり異なった印象を受けますが、一貫して心地よいメロディと繊細かつロックな歌詞を聴くことができます。

c0193833_22524044.jpg最新アルバムは昨年発売された「ワルツを踊れ」です。収録曲「JUBILEE」はチオビタドリンクのCM(菅野美穂さんが出演していたもの)で使用されていましたので、耳にされた方も多いと思います。

CDの帯のアオリは「今、僕たちには喜びに溢れた音楽が必要だ。」


c0193833_22531081.jpg「くるり」を聴いたことのない方に1枚だけお勧めするとしたら、2005年に発売されたアルバム「NIKKI」です。
ポップで聴きやすい曲が多く、歌詞も明快でポジティブです。

「喜びに溢れた音楽」というコピーにふさわしいのは、むしろこのアルバムなのではと思います。



注釈1:日本を代表するロックバンド
邦楽音楽ニュースサイト「ナタリー」によると、執筆の時点で人気アーティスト2位です。かなりクセの強いランキングだとは思いますが・・

注釈2:ジャケ買い
内容を確認せずにジャケットを見た直観でCDやレコードを買うこと。
使用例:「だからジャケ買いは危険だって言っただろ?」

by yamawaki2527 | 2009-01-16 13:03 | 京都の話題  

地下道壁画アート


先日診療を終えて四条通の地下道を歩いていると、謎の壁画を発見!

c0193833_22572995.jpg


c0193833_2258286.jpgこれは、京都工芸繊維大学・大学院修士課程の奥井優佑さんの作品なのだそうです。

(参考)
四条地下道に壁画!? (京都新聞)
FUN MORE (京都工芸繊維大学)


殺風景だった四条通地下道がポップに大変身!お見事です。
壁画は診療所の前の地下道(大丸あたり)から藤井大丸の近くまで続いてましたので、かなりの広さにわたります。


c0193833_2258466.jpg壁の汚れや配管なんかも非常に上手くデザインに取り入れられており、遊び心満点ですね。こういうのは大好きです。
ちょっとゲーム&ウォッチ(任天堂が昔発売していたLSIゲーム)を思い出したりしました。
こういった「遊び」の文化って、京都が世界に誇ることのできる貴重なものだと思うのですが、いかがでしょうか・・


素晴らしい作品ですので常設にして欲しかったのですが、どうやら期間限定で明日までのようです。残念!
無くなる前にもう一度見ておきたいです。

ちなみに、私の一番のお気に入りはこれです。

c0193833_22592186.jpg

by yamawaki2527 | 2009-01-11 17:55 | 京都の話題