カテゴリ:京都の話題( 44 )

 

満開・梅宮大社


c0193833_17455962.jpg梅宮大社(うめのみやたいしゃ)は京都市右京区の松尾橋東側に位置する神社で、酒造の神様・酒解神が祀られています。
子授け・安産のご利益もあるそうです。

駐車場もありますが、阪急嵐山線・松尾駅から徒歩で行くことができます。


c0193833_174637100.jpg梅宮大社では、その名前の通り素晴らしい梅を見ることができます。

境内に入ると早速立派な梅が出迎えてくれますが、神苑にはより多くの梅の木が植えられています。

時間が許すのでしたら、神苑も拝観されることをお勧めします。


c0193833_17471344.jpg神苑に入ると正面に咲耶池(コノハナサクヤ姫に由来するみたいです)が広がります。
池の中の島には茅葺の茶室も見えます。
池の周辺は梅の木が少ないのですが、霧島ツツジや花菖蒲が植えられています。

奥へ進むと北神苑から西神苑にかけて約500本もの梅が咲き誇っています。

c0193833_17475290.jpg

とくに圧巻なのが、神苑の一番奥で見られる梅のアーチです。
暖かい日差しを浴びて輝く花冠は、春がすぐそこまで来ていることを予感させてくれます。

c0193833_17481470.jpg

by yamawaki2527 | 2009-03-01 18:13 | 京都の話題  

パティスリー・レレレ


京都市から見ると南西方向、長岡京市から見ると北に向日市という小さな市があります。
向日市は「むこうし」と読みますが、京都に住まれていない方は結構な確率で「ひゅうがし」と読んでしまうようです。(「ひゅうが」は「日向」と書きますから、確かに似てますよね。)

今日ご紹介する「レレレ」さんは向日市にあるケーキ屋さんです。
生菓子、焼き菓子、チョコレートなどを扱っておられますが、チョコレートを使ったケーキがとくに素晴らしいと思います。

c0193833_11372025.jpg

中でもお勧めは写真の「チョコロール」。これはロールケーキに生チョコをトッピングしたものです。ロールケーキ部分があっさりとして上品なので、ロールケーキはくどくて苦手という方でも美味しくいただけるのではないでしょうか。

しかし気になるのは「レレレ」という名前。ホウキを持ったあのキャラクターを連想してしまいますが、アルファベットでは「lait lait lait」と書かれています。なるほど、フランス語だったんですね。

みなさんもcafé au laitと一緒にどうぞ!

by yamawaki2527 | 2009-02-19 11:41 | 京都の話題  

開花・梅小路公園


梅小路公園は、北は七条通から南は八条通まで、西は千本通から東は大宮通までの広大な面積を持つ京都の市営公園です。
JR貨物の梅小路駅の跡地に造られたこの公園は、実動する蒸気機関車や路面電車(チンチン電車)に乗ることができる公園として有名です。

c0193833_22465772.jpg

梅小路公園の名前の由来は平安時代にさかのぼり、現在で言う八条通と塩小路通の間に位置していた梅小路通から来ているそうです。
梅小路には西八条第と呼ばれる平家一族の邸宅の集まりがあったそうですが、平清盛の死後に焼失したのだとか。

c0193833_22474068.jpgその当時にも梅があったのかどうかは不明ですが、栄華を極めた平家一族が集まっていた場所ですから、この季節に美しい梅が見られたとしても不思議ではありませんね。(少なくとも蓮はあったみたいですが)

現在の梅は、遷都1200年を記念して市営公園が作られたときに整備されたものだと思いますが、梅小路の名前に相応しくたくさんの美しい梅が私たちを迎えてくれます。


梅小路公園はとにかく広くて美しい公園です。京都というと市内は道も狭く込み入ったイメージを持たれがちですが、ここ梅小路公園や、京都御所、京都府立植物園、鴨川河川敷など広大な敷地をもつ公共公園や施設が数多く存在します。

c0193833_22483516.jpg

梅小路公園は2月の終わりごろまで梅が満開です。梅が終わると今度は「さくらの回廊」が待っていますよ。

c0193833_22485673.jpg

by yamawaki2527 | 2009-02-15 23:01 | 京都の話題  

ピクミンの生まれた京都

「ぼくたちピクミン あなただけについていく 今日も運ぶ たたかう 増える そして 食べられる」という何とも切ないCMソング、憶えておられる方も多いかと思います。
これは2001年10月に任天堂からGAME CUBE用ゲームソフトとして発売された「ピクミン」のCMソングです。

ゲーム本編よりもCMソングのほうがヒットしてしまったこのゲームですが、非常に楽しい作品だと思いますので興味のある方は是非ともチャレンジして欲しいと思います。
今ならwii用ソフトとしてリメイク版が発売されていますので、遊べる環境の方も多いでしょう。(結構難易度が高く難しい部類に入ると思いますので、購入される前にご確認ください)

c0193833_214069.gif

そんなピクミンですが、じつは京都と大変深い関係があります。
ピクミンが制作されたのは京都・上鳥羽ホコタテ町の任天堂本社、プロデューサーは「スーパーマリオブラザーズ」「ゼルダの伝説」最近では「Wii Fit」で知られた宮本茂さんです。
(宮本さんのゲームには小学生のころから大変お世話になっており、勝手ながら宮本さんは私の尊敬する偉人10人にリストされていますが、その件については書き始めるときりが無いため割愛します。)

c0193833_215381.jpg不思議な植物ピクミンや主人公・オリマーたちが冒険するミクロの大自然は、宮本さんのご自宅のすぐ近く、稲荷山で撮影された自然の写真が元になっているそうです。(2001年当時のインタビューより)

コンピューターゲームと聞くといかにも室内でディスプレイとにらめっこして作られているようなイメージですが、こんなほのぼのとしたロケも行われるのですね。

c0193833_21102256.jpg冒頭で紹介したCMソングを歌うのも、京都を中心に音楽活動をされている渡辺智江さん。
(CDは「ベートルズ」「ピジョンズ」などの名義で発売、ピクミンのCMソングは「ストロベリー・フラワー」名義で発売)
渡辺さんの歌声はとっても素敵で、私はライブにも何度か足を運んでいます。

みなさんも、ピクミンを通して京都の空気とエッセンスを感じてみてはいかがでしょうか?

by yamawaki2527 | 2009-02-10 21:40 | 京都の話題  

京都の朝はコーヒですよ。

「京都の朝はイノダコーヒの香りから」のコピーで有名な京都堺町三条に本店を構える「イノダコーヒ」さん。

c0193833_7461442.jpg

イノダさんと言えば「アラビアの真珠」と呼ばれる酸味の効いたモカベースのブレンドが定番です。
ブレンドをオーダーすると、特に注文を付けなければミルク・砂糖入りという大変珍しいスタイルで出されます。店の雰囲気と相まって良い意味でレトロ感を醸し出しています。
レトロと言えば、お店の名前からして「コーヒ」ですからね。最近気付いたのですが、良く見ると「コーヒー」じゃないんですよ。イノダさんはコーヒショップなのです。

京都大丸の西隣りにもイノダさんの店舗があり、歯ならび通信の原稿を書くときにも使わせていただいています。
ここ四条店は最近リニューアルされたばかりで、キャンペーンの一環としてブレンドを注文するとキャラメルビスケット(!)がサービスで付いてきます。まるで昔の外国映画みたいにおしゃれですね。

色んな意味で味のあるイノダさんのコーヒ、朝のめざめに一杯いかがでしょうか?

by yamawaki2527 | 2009-02-08 07:51 | 京都の話題  

一足早く梅便り

今日はスタッフルームから記事をお送りします。
ここ山脇矯正歯科のスタッフルームにはスタッフの持ち込みのおやつが色々と置かれています。今日はピンク一色ですね。

c0193833_12113837.jpg(副院長)
まず1点目。これは「コイケヤ・梅こんぶポテトチップ」!?
(ケロリン)
それは私です。梅が好きなんです。梅こんぶポテチは最高ですよ。
(副院長)
梅「こんぶ」というのがすごく通っぽいですよね。

c0193833_1212119.jpg(副院長)
2点目。これは「かっぱえびせん・紀州の梅」
(サエコ)
私が買ってきました。期間限定という言葉に弱いんです。
(副院長)
梅のピンクと海老の赤色がマッチした綺麗なパッケージですね。
(サエコ)
一年中これでもいいですよね。

c0193833_12124359.jpg(副院長)
3点目。「チロルチョコ・さくらもち」
(サエコ)
これも私です。ちょっと塩味があって美味しいですよ。
(副院長)
一足早く桜ですね。和菓子の桜餅はだいたい2月半ばくらいから並び始めるので、これもきっと季節のお菓子なのでしょう。


c0193833_12133195.jpg
京都の梅は2月に入ると早咲きの梅から順に咲き始め、3月半ばくらいまで楽しめます。まだまだ寒いですが、とても綺麗ですので是非とも足を運んでみて下さい。
(写真は北野天満宮・4年前に撮影)

by yamawaki2527 | 2009-02-06 12:20 | 京都の話題  

京都の鬼やらい

昨日は診療所が休みでしたので壬生寺の節分会に行ってきました。
京都のあちこちの社寺で鬼やらいの行事が催されますが、ここ壬生寺では狂言「節分」が行われます。

c0193833_16265934.jpg

京都新聞の解説によると、旅人に変装した鬼が酔いつぶれてしまい、女主人に見破られて逃げ出すというストーリーなのだそうです。千本釈迦堂で行われる鬼やらいでは、豆を投げつけられても鬼は退散せず、おかめがほほ笑むと改心するのだとか。節分にも色んなバリエーションがあるようですが、どうやら鬼というのは酒や女性に弱いみたいですね。

いざ壬生寺に到着すると凄い人いきれで、狂言の観覧席はすでに満席となっていました。遠くから雰囲気を味わうことは出来たのですが、さすがに話の内容までは分かりませんでした。

c0193833_1631249.jpg壬生寺の節分と言えば、厄除けのほうらく奉納が有名です。
これは素焼きのお皿に墨汁で氏名・年齢(数え年)・性別を書いて納めるというものです。
毛筆にはさっぱり自信が無かったのですが、お寺の方が達筆でスラスラと書いて下さったので助かりました。

歯に関する話題にも少し触れますと、「鬼の歯」というのは地方によってはやえ歯や叢生のことを指すようです。やえ歯は牙のように見えることがあるので、このように呼ばれるのでしょう。
(そう考えるとあまり良い言葉ではないのかも知れませんね)

by yamawaki2527 | 2009-02-04 16:38 | 京都の話題  

節分はおやつで厄除?

明日2月3日は立春なので、全国で節分の行事が行われます。京都でも壬生寺をはじめ多くの社寺で「鬼はそと」の催しが行われます。

c0193833_11495797.jpg

そんな折、京都大丸の和菓子コーナーで発見したのが今回ご紹介する「厄除けまんじゅう」です。寺町仏光寺の京菓子司「仙太郎」さんの節分限定饅頭です。
よく見ると饅頭の上に節分の豆がついています。なかなかカワイイ逸品ですので機会があれば一度お試し下さい。
(写真の器は前回に引き続き、清水焼陶磁器本舗ひろ吉さんの器です。)

by yamawaki2527 | 2009-02-02 11:55 | 京都の話題  

子供も大人もお姉さんも YMCK

今回ご紹介するのは「YMCK」という音楽ユニット。任天堂のファミリーコンピューターを彷彿とさせるピコピコミュージックは、まさに京都が生んだファミコン文化を現代に継承したものです。
c0193833_11182321.gif

「YMCK」は2004年「ファミリーミュージック」でメジャーデビューしました。歌以外の音はすべてファミコンからサンプリングしたのでは?とさえ思えるほどの徹底したレトロスタイルを貫いています。
それでいて楽曲自体はスウィングジャズやかつての渋谷系で見られたような60~70年代音楽へのオマージュもあり、非常に凝った作りとなっています。(偉そうな表現ですみません)

c0193833_11184894.jpg最新アルバムは2009年1月21日発売の「ファミリークッキング」。おもちゃの兵隊のマーチ(キューピー3分クッキングのテーマ曲)から始まる、お料理をモチーフにした全9曲。
写真はCDのジャケットです。ゲームの画面ではありませんので念のため。

c0193833_11193562.jpgしかしYMCKの真髄はビデオクリップにあります。同日発売の「ファミリーシアター」にはインディーズ時代を含めた7編のクリップを収録。

荒いドット絵が8bitサウンドにあわせて描くアートは、これまた京都が生んだ江戸時代の日本画家「伊藤若冲」に通じるものが・・は言い過ぎか。

by yamawaki2527 | 2009-01-29 11:51 | 京都の話題  

ゴディバを飲もう


c0193833_0283785.jpg

診療所から15分ほど歩き河原町三条に向かうと、三条通りの手前西側に「ゴディバ ミーナ京都店」があります。一般的なゴディバのチョコレートのテイクアウトもありますが、このお店にはなんと喫茶メニューがあります。ゴディバのコーヒーなんてちょっと珍しいものも注文できます。

c0193833_029639.jpg寒い冬におすすめのメニューは「ホットショコリキサー」。いわゆるホットチョコレートです。ゴディバのチョコをそのまま温めて溶かしたようなイメージで、ものすごーく濃厚です。価格もドリンクとしては決して安くない(525円)のですが、十分納得できるだけの満足感が味わえます。

チョコレートやキャラメルは粘性が高く歯の隙間に残りやすいので、食べたらすぐ歯磨きが鉄則です。面倒ですが、おいしいものを長く楽しむためにこまめに歯を磨くようにしましょう。

by yamawaki2527 | 2009-01-25 20:48 | 京都の話題