カテゴリ:京都の話題( 44 )

 

春の長岡天満宮

数週間前のことになってしまいましたが、長岡天満宮に梅を見に行ってきました。
ここは桜も有名ですが、境内の奥には知る人ぞ知る!?小さい梅園もあり、いろいろな種類の梅を見ることができます。

c0193833_23361756.jpg

c0193833_23381338.jpg

八条が池のまわりの梅も見頃を迎えていました。

c0193833_23385685.jpg

中堤にはハトやスズメなど鳥が多く、お腹が減っているのか人が来ると近づいてきます。
c0193833_2339407.jpg

よく見ると鳥居にもカラスが止まっていました。
c0193833_23402352.jpg


梅に続いて桜、霧島ツツジとこれからしばらく境内は花に包まれます。

by yamawaki2527 | 2010-03-28 23:44 | 京都の話題  

冬の京都府立植物園


先日久しぶりに植物園を訪れました。
一年で一番寒い時期だけあってさすがにお花は咲いていませんが、たくさんの人が訪れていました。

さっそく温室に行ってみました。

c0193833_0375442.jpg


c0193833_0382188.jpg

ここはうって変わって、色とりどりのきれいなお花がたくさん咲いています。

少し行くと、熱帯植物のコーナーに。

c0193833_0454565.jpg

下に向かってぶら下がっているのは何でしょう?


c0193833_0465966.jpg

上を見ると見慣れたあの果実が!!
そうです。バナナの花でした。


c0193833_0395884.jpg

カカオの木もありました。こんな風に幹から直接実がなるのですね。

さらに奥に行くと砂漠の植物のコーナーがあります。
c0193833_0403048.jpg

これは奇想天外という終生二枚の葉しか出さない珍しい植物です。
長寿なことでも知られ、その寿命は推定2000年になるものもあるとか。
京都では個人宅も含めて4か所でしか見られないそうです。

すっかり体も温まったので、外へ出るともう夕暮れでした。
c0193833_0413955.jpg

西日で噴水に虹がかかっていてとても綺麗でした。

寒さも時間も忘れてのんびりと過ごせました。
冬の植物園もなかなかですよ。

by yamawaki2527 | 2010-02-08 00:52 | 京都の話題  

あけまして おめでとうございます

あけまして おめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

当医院は本日より新しい診療所にて診療を開始いたします。
移転に際しましては皆様にご迷惑をおかけいたしますが、スタッフ一同気持ちを新たに頑張りたいと思います。

ブログの更新もすっかりご無沙汰していましたが、年末に歯医者さんが経営するという雑貨屋さんに行ってきましたので報告します。

c0193833_0211093.jpg

お店はCANALさんと言って烏丸三条から少し東に入ったビルの3Fにあります。

c0193833_0213283.jpg

歯医者さんが経営しているだけあって、置いているものは歯グッズばかり。
文房具から、キーホルダーやランプまで歯のデザインを施したのもがずらりと並びます。
なんと、歯科治療で薬剤を入れる小瓶まで売られています。
調味料入れとしても使えるとか。
お店には歯科関係者だけでなく、いろんな方がお買い物に来られるそうです。

今回はこの歯ブラシスタンドを買ってきました。

c0193833_0215459.jpg

鮮やかなグリーンがなんともおしゃれです。
診療所で使う予定ですので、後来院の際は探してみてくださいね。

by yamawaki2527 | 2010-01-07 00:30 | 京都の話題  

京都で育てるドラゴンフルーツ その2


すっかり秋らしい気候になりましたね。

先日、とうとう我が家のドラゴンフルーツが開花しました。
今回はしかとその一部始終を観察できましたので、早速報告します。

c0193833_2331778.jpg

朝の蕾の様子です。前回の写真からわずか1週間後です。
一見まだ咲く気配はなさそうです。

c0193833_23312493.jpg

数時間後にはこのくらい蕾が膨らんできました。

c0193833_23315820.jpg

暗くなるとともに、蕾は速度を増して膨らんでいきます。長さも伸びて基部から25cm程になりました。
蕾の中心に白い花びらが見えてきました。

c0193833_23332169.jpg

夜7時くらいになっていよいよ花が開き始めました。

c0193833_233417.jpg

30分後にはもうこんなに開いています。ほのかに甘い香りがしてきました。
がくの部分が開くと、それを追いかけるように花も開いていきます。

c0193833_23342446.jpg

開花ピークです。花の直径は20cm近くあります。
あたり一面には、南国を思わせる濃厚な甘い香りが漂っています。

c0193833_23345319.jpg

花の大きさ、大体お分かりいただけますか?

そう言えば当日は中秋の名月で、月がとても綺麗でした。
月下美人やドラゴンフルーツの花は、満月や新月の時期に合わせて咲くことが多いそうです。
何とも神秘的ですね。

by yamawaki2527 | 2009-10-09 23:39 | 京都の話題  

京都で育てるドラゴンフルーツ


皆さんはドラゴンフルーツってどんな植物かご存知ですか?

鮮やかな赤い果実をたまに見かけますが、実は中南米原産のサボテンの一種なのです。九州や沖縄など暖かい地方で栽培されているため、京都ではなじみの薄い植物です。

そんなドラゴンフルーツですが、我が家では3年ほど前からすっかり顔なじみとなっています。
そもそも沖縄に行った際に、話の種にと苗を買ってきたのが始まりです。
寒さに弱い以外これといって手はかからず、お世話というと水をやるだけなのですが、10cmほどの苗はみるみる伸びて、そこからたくさんの枝を出して、気がつくとベランダの一角を占拠するまでになってしまいました。
 

c0193833_23321330.jpg 名前の由来は長くうねった茎が龍の体、果実が龍の眼のように見えるからだそうですが、この枝ぶり如何でしょうか?
左右の枝の節より先からはこの夏成長したところですが1mを越えています。


そんなドラゴンフルーツが先月、初めて蕾をつけました。 ドラゴンフルーツの花は月下美人に似てとても美しいのですが、たった一晩しか咲かないそうです。
開花を心待ちにしていたのですが、こともあろうにその瞬間を見逃してしまいました。
 
c0193833_23455930.jpg ところが数週間後、夏も終わりのこの時期に同じ枝から再び蕾が出できました。それも今回は二つです。 
何があっても花を見てほしいというドラゴンフルーツの想いがこもっているようで、それからは欠かさず見るようにしています。


蕾はみるみる大きくなっていきます。1週間後にはこうなってました。
c0193833_23464620.jpg
c0193833_2348019.jpg
c0193833_23481764.jpg

一日ごとにこれだけ大きくなっていきます。

そんな訳で開花までもうしばらくの間、ドラゴンフルーツの観察日記にお付き合いください。
貴重な花の開花はもうすぐですよ。

by yamawaki2527 | 2009-09-29 00:12 | 京都の話題  

五山送り火


一昨日はお盆を締めくくる京都の伝統行事、五山送り火でした。その始まりや文字の意味などの詳しい記録は見つかっていないようですが、8月13日に送り火で迎えた先祖の霊をふたたびあの世に送り届ける神聖な行事として続けられてきたようです。
私にとってこの日はお墓参りと送り火を見ることが恒例となっています。

c0193833_1475759.jpg

日が暮れ、夜も八時となれば真っ暗です。
送り火はまず左京区にある大文字山から点火されます。こちらはあいにく見ることができませんでした。
そこから、妙法、船形、左大文字、鳥居形と北から西側へと続いて点火されていきます。
このときばかりは街中のネオンも自粛されるようです。

c0193833_1481221.jpg

c0193833_1483261.jpg

暗闇にはっきりと浮かぶ文字や形はなにやら幻想的で思わず手を合わせたくなります。ご先祖様どうぞお気をつけてお帰りください。

by yamawaki2527 | 2009-08-19 01:51 | 京都の話題  

京都にも日食がやってくる!


明日7月22日は、日食が観測できるたいへん珍しい日です。とくに鹿児島県・奄美地方では皆既日食となるため、大きな話題となっています。

皆既日食が見られるのは、月の本影が通過するごく限られた地域だけですが、ここ京都でも大規模な部分日食を見ることができます。
今回京都で観測される食分(太陽がどれだけ欠けるのかを表した数値)は0.81とのことですから、なんと太陽が80パーセント以上も欠けてしまうことになります!
(追記: 食分は、太陽の直径がどれだけ欠けているのかを示す数値なので、面積の変化量とは一致しません。食分0.81ならおおよそ70パーセント弱の面積が欠けた状態となります。)

ちなみに京都で太陽が一番欠けるのは午前11時5分ごろだそうです。市販されている太陽観測用フィルムや、木漏れ日(太陽が欠けると木漏れ日の形も欠けます!)を利用して楽しみたいところです。

心配なのは明日の天気です。予報では曇り時々雨、降水確率は30%です。
これはもう、てるてる坊主に頼るしかないですね。

c0193833_1621130.jpg

by yamawaki2527 | 2009-07-21 16:26 | 京都の話題  

祇園祭の宵山は


今日、7月16日は祇園祭の宵山です。お祭りのハイライトは明日の山鉾巡行だと思いますが、一番の人出を記録するのは宵山なのだそうです。
宵山や山鉾巡行の日は何故か雨になることが多いのですが、今年は宵山に関しては、なんとかお天気が持ちそうです。

c0193833_7444173.jpg

診療所から西の方向に目を向けると、四条東桐院あたりに長刀鉾(なぎなたぼこ)が見えます。

c0193833_745746.jpg長刀鉾は山鉾巡行で先頭になりますのでお馴染みですね。

他の多くの山鉾は毎年くじ取りで順番が決められますが、船鉾などいくつかの鉾は長刀鉾と同様に順番が決まっています。

長刀鉾は背が高いので、遠くからでもよく見えますね。

四条通が活気で溢れるのは素晴らしいのですが、あまりに人出が多すぎるため、四条通りのいくつかのビルは宵山の夕方には閉鎖されます。山脇矯正歯科の入っている大西ビルも午後5時で閉鎖されるため、本日の診療受付は午後4時までとなります。

決して、お祭り見物のために休診するのではありませんよ~

c0193833_7452882.jpg

by yamawaki2527 | 2009-07-16 07:55 | 京都の話題  

善峯寺のあじさい苑


京都であじさいの名所と言えば三千院、三室戸寺などが有名ですが、今回ご紹介する西京区大原野の善峯寺(よしみねでら)にも素晴らしいあじさい苑が設けられています。
c0193833_10531198.jpg

善峯寺は京都市内の南西部に位置しており、阪急バスを利用するか、9号線(五条通)・物集女街道から車を利用することでアクセスが可能です。

c0193833_1055461.jpg

山門をくぐり、本堂で拝観したあと、順路に沿って階段を登ると「遊龍の松」という天然記念物に指定されている日本一長~い?松の木が参拝者を迎えてくれます。
(写真ではうまく伝えられそうになかったので、ご自身の目で確かめてください!)

c0193833_10563355.jpg

さらに奥に進むと、山の斜面につくられたあじさい苑に到着します。入口には自分以外の人の幸せを祈る「しあわせ地蔵」が安置されています。

c0193833_10572795.jpg

写真は21日に撮影しました。かなりの数の花が咲き始めていましたが、満開となるのはこれからの様子でした。

c0193833_10575382.jpg

雨上がりなのでかたつむりさんを探していましたが、どうやら見つからなかったようです。

c0193833_10583296.jpg

週末はおそらくあじさいも見頃だと思いますので、ご興味のある方は是非とも参拝に訪れて下さい。

by yamawaki2527 | 2009-06-24 11:13 | 京都の話題  

京都府立植物園


c0193833_11212694.jpg地下鉄北山駅のすぐ近くにある京都府立植物園。

市街地とは思えないほどの広大な敷地には非常に多くの植物が植えられており、四季を通じて様々な花を見ることができます。

c0193833_1122318.jpg天気の良い日には、スケッチや写真を楽しむために訪れる人も多く見かけます。

私も小学生のころ、課外授業で写生をするために訪れました。
あまりに色々な花があるので、何を描こうか悩んでいるうちに時間が過ぎてしまった記憶が・・

c0193833_11224516.jpg府立植物園の魅力は花だけではありません。

背の高い樹木が鬱蒼と生い茂り、まるで異国に来たかのようです。
あてもなく歩いているだけでもかなり楽しめます。


c0193833_11235466.jpg

植物園では子供も大はしゃぎです。
広いうえに隠れて遊べるところがたくさんありますので、目を離すともう大変です。

c0193833_11244317.jpg

c0193833_11252642.jpg

草木の種類が豊富ですので、季節が変わるたびに訪れるのも楽しいですよ。
みなさんも週末はのんびりと植物に囲まれてみませんか?

c0193833_11254730.jpg

by yamawaki2527 | 2009-05-29 11:36 | 京都の話題