金環日食


5月21日は、日本では25年ぶり、京都では実に282年ぶり(!)という金環日食が観察されました。

2012年なんて想像もつかない未来だった70年代、まだ小さな子供だった私にはお気に入りの科学図鑑がありました。とくに好きで繰り返し読んだのは宇宙と太陽系のページで、日食を紹介したページの片隅にはオレンジ色の輪っかとともに「金環蝕 (本州では2012年に観測できる)」という至ってシンプルな説明が添えられていました。同じように太陽と月と地球が一直線に並ぶのだろうに、何が違って皆既日食になったり金環日食になったりするのか、また金環日食のときも皆既日食のようにあたりが真っ暗になり星空が見えるのか、ろくに説明を与えてくれないぶっきらぼうな図鑑のお陰であれこれと想像して楽しんでいたのをよく覚えています。

2012年5月21日の京都の朝は、心配されていた雲も少なく、日食の観測にはとても良い条件になりました。
70年代には想像もつかなかったことですが、今はスマートフォンのGPS機能とAR機能を使って、カメラ部分を空にかざすと太陽の軌道やどの時点でどんな風になるのか、更にはリアルタイムで現在の太陽の位置と形を表示してくれるようなアプリケーションが存在します。(ちなみにニンテンドーDSには夜空に向けると見えている星座を教えてくれるソフトがあります。)

c0193833_1824841.jpg

6時30分すぎ。右上のほうから欠けはじめています。

c0193833_1833262.jpg

ARアプリではこんな風に教えてくれます。

c0193833_1834560.jpg

7時を過ぎると、三日月のようになってきました。

c0193833_1852448.jpg

スマートフォンに日食グラスをかけるとこんな風に見えます。太陽マークのすぐ右下の白い光が実際の太陽です。精度が高いですね。

c0193833_1855092.jpg

さあ、いよいよ始まります。

c0193833_1815658.jpg

c0193833_18682.jpg

日食グラスをかけるのを忘れないで。

c0193833_187533.jpg

金環日食です!約30秒続きました。

c0193833_1872555.jpg

金環日食中の風景。写真ではわかりづらいのですが、日が照っており影もちゃんとあるのに薄暗くてとても神秘的です。考えようによっては、太陽のほとんどが欠けているのにこんなに明るいというのもビックリです。

c0193833_1881572.jpg

皆既日食が終わりました。だんだんいつもの太陽に戻って行きます。

c0193833_188393.jpg

次に日本でこの規模の金環日食が見られるのは、300年後なのだとか。

ちなみに今年の6月6日の7:00~14:00ごろには金星が太陽を横切るという、とても珍しい現象が日本で観測できるそうです。
これは金環日食以上にレアな現象らしいですので、手元に日食グラスのある方は6月までなくさないように持っておくと良いのではないでしょうか。

by yamawaki2527 | 2012-05-22 18:31 | 京都の話題  

医院名称変更のお知らせ >>