歯の生え換わる年齢の話 「早い?遅い?」


みなさんからよくいただくご質問に、次のようなものがあります。
「周りの子供と比べると、乳歯が生えてきた時期はあまり変わらなかったのに、永久歯へ生え換わるのがどうも遅いように感じます。」
さて、歯の生え換わりのトラブルというものは、そんな頻繁に起こるものなのでしょうか?

このテーマを進める前に、まず乳歯と永久歯はそれぞれ何歳ぐらいに生えるのが普通なのかを考えてみましょう。

乳歯は通常、生後約8か月ぐらいから下顎乳中切歯(一番前方の歯)の萌出が開始して、2歳半ごろにすべての乳歯(上下歯列あわせて20本)が揃います。
出てくる順番が多少入れ替わることはありますが、乳歯が萌出する時期自体にはあまりばらつきがなく、せいぜい±6か月ぐらいの範囲に収まります。
ですので乳歯列期は歯の萌出のことで心配されるケースは少ないと思われます。

つぎは永久歯について考えてみましょう。一番最初に生えてくる永久歯は「第一大臼歯」と呼ばれる大きな歯です。第一大臼歯は乳歯から生え換わる歯ではなく、第二乳臼歯(一番後方の乳歯)のさらに後ろ側に生えてきます。6歳ごろに生え始めるため、「6歳臼歯」という別名で呼ばれることがあります。
ほとんど同じタイミングで、下顎歯列の前歯部が乳歯から永久歯へと生え換わり始めます。だいたい6~8歳の時期にかけて、上下それぞれ4本ずつ、あわせて8本の前歯が永久歯へと交換します。

ここから少し時間をおいて、10~11歳ごろに再び歯の交換ラッシュがやってきます。乳犬歯(前から数えて3番目の歯)から第二乳臼歯(前から5番目の歯)にかけての歯が、次々と永久歯へ生え換わります。

最後に、12歳前後に第二大臼歯という歯が第一大臼歯の後ろに萌出して、永久歯の萌出が終了します。この歯は12歳ごろに生えるため「12歳臼歯」という別名を持ちます。

実は、この永久歯の萌出時期は個人差がとても大きいことが知られています。10歳ごろにすべての永久歯が揃うようなケースがある一方で、16歳になってもまだ乳歯が残っていることもあります。
ですので、歯の生え換わりが多少早く、あるいは遅く感じられるような場合でも、標準的な誤差の範囲内に収まる場合がほとんどです。

今回の主題に戻りますと、乳歯の萌出する時期はみんな差がないのに、永久歯への生え換わりになると急に個人差が出てきてしまうために、不安に感じやすい・・・といったストーリーが読み取れそうです。

一般的には、歯の生え換わり全体がゆっくりであるような場合は、ほとんど心配する必要はありません。ただし、他の部位と比べてどこか1か所の交換が非常に遅れているというような場合には、永久歯の先天欠如や埋伏などの問題がかくされている可能性があります。

過度の心配は不要ですが、気になる場合は矯正歯科の医院でご相談下さい。


by yamawaki2527 | 2011-05-27 23:45 | 歯ならびの話  

<< 祇園祭の山鉾とじゅうたん くるりと吉田省念さん >>