日本舌側矯正歯科学会


3月21日、大阪リーガロイヤルNCBにて日本舌側矯正歯科学会(JLOA)の学術大会が催されました。

c0193833_14164387.jpg

舌側矯正とは、いわゆる「裏側からの矯正」のことです。「見えない矯正」とも呼ばれますが、「見えない矯正」の中には取り外し可能な透明のトレー型装置で行う簡易的な矯正治療も含まれますので、ここでは歯の裏側に固定式の器具(リンガルブラケット)をつけて行う矯正治療を指しているとお考え下さい。

舌側矯正は、表側からの矯正治療と比較すると、物性や力学の面で不利な要素がたくさんあります。そのため、表側からの矯正治療と遜色のない治療結果を得るためには、さまざまなノウハウを理解し、複雑(煩雑?)な器具の調整を行うことが必要です。

これらの欠点を克服するため、近年では裏側矯正で使用されるブラケットは、表側に使用するブラケット以上のペースで改良が進んでいます。
治療法においても、歯の痛みや歯の移動の遅さの原因を減らすための工夫や、歯のコントロール性を高めるための方法が数多く考案されてきました。

今回の学会でも、治療テクニックや新しい器具開発についての発表が盛んに行われました。
器具については、とくに近年は高効率化(トータルの治療期間・一回あたりの診療時間の短縮)を図ったものが増えてきました。
それでも表側からの治療と比べるとまだまだ複雑で手のかかる治療であることには変わりはありません。

舌側矯正の治療では、患者さんに口を開けてもらう時間が長くなるため大変ご負担をおかけしていますが、きれいな歯並びと正しいかみ合わせを作るため、とご理解いただけたら幸いです。

by yamawaki2527 | 2010-03-23 14:17 | ちょっとアカデミックな話  

<< 春の長岡天満宮 歯磨きとインフルエンザ予防 >>