京都で育てるドラゴンフルーツ その2


すっかり秋らしい気候になりましたね。

先日、とうとう我が家のドラゴンフルーツが開花しました。
今回はしかとその一部始終を観察できましたので、早速報告します。

c0193833_2331778.jpg

朝の蕾の様子です。前回の写真からわずか1週間後です。
一見まだ咲く気配はなさそうです。

c0193833_23312493.jpg

数時間後にはこのくらい蕾が膨らんできました。

c0193833_23315820.jpg

暗くなるとともに、蕾は速度を増して膨らんでいきます。長さも伸びて基部から25cm程になりました。
蕾の中心に白い花びらが見えてきました。

c0193833_23332169.jpg

夜7時くらいになっていよいよ花が開き始めました。

c0193833_233417.jpg

30分後にはもうこんなに開いています。ほのかに甘い香りがしてきました。
がくの部分が開くと、それを追いかけるように花も開いていきます。

c0193833_23342446.jpg

開花ピークです。花の直径は20cm近くあります。
あたり一面には、南国を思わせる濃厚な甘い香りが漂っています。

c0193833_23345319.jpg

花の大きさ、大体お分かりいただけますか?

そう言えば当日は中秋の名月で、月がとても綺麗でした。
月下美人やドラゴンフルーツの花は、満月や新月の時期に合わせて咲くことが多いそうです。
何とも神秘的ですね。

by yamawaki2527 | 2009-10-09 23:39 | 京都の話題  

<< 矯正日記 その4 京都で育てるドラゴンフルーツ >>