京都東山・哲学の道


(Moco)
先週の日曜日、哲学の道に行ってきました。何枚か写真撮ってきましたよ。

c0193833_1433366.jpg

(副院長)
桜が綺麗ですね。人も多かったのでは?
(Moco)
たくさんの方が桜を見に来てましたよ。望遠レンズでしょうか、すごく大きいレンズが付いたカメラを持った人も居ました。
(副院長)
望遠レンズですか。鳥を撮影されていたのかも知れませんね。

c0193833_1434159.jpg

哲学の道は銀閣寺から南禅寺まで疏水沿いに設けられた小道で、お散歩には最適の場所です。西田幾多郎という哲学者がここを散策しながら思案に耽っていたため、哲学の道と呼ばれるようになったという逸話は有名です。

私が小さかった頃は季節を問わず人がまばらで長閑な場所だったのですが、最近はだんだん人が多くなって来ました。
とは言え、観光地と比べたらゆったりとした雰囲気が味わえると思います。

by yamawaki2527 | 2009-04-12 14:41 | 京都の話題  

<< 矯正装置 リンガルブラケットとは 桜の街・西向日 >>