満開・長岡天満宮八条ケ池


京都の南西部に位置する長岡天満宮

c0193833_12553794.jpg菅原道真がこの場所を好み、よく詩を詠んでいたことが伝えられています。
太宰府に左遷されたときも立ち寄って名残を惜しんだそうです。

長岡天満宮は霧島ツツジや梅園が有名ですが、八条ヶ池を囲むように植えられた桜もなかなかのものです。


2002年からは地元の商工会が主催となり長岡京桜まつりが開かれています。期間中は夜間のライトアップもされ、素晴らしい眺めとなります。

c0193833_12561481.jpg


私たちも先週日曜日の昼さがりに八条ヶ池を訪れました。春の日差しにさそわれて、人も鳩も亀も(!)お花見に集まっていました。

c0193833_12563560.jpg

c0193833_12565722.jpg


ツツジの開花はまだまだ先ですが、少し気の早いツツジは蕾をつけていました。

c0193833_12571676.jpg

by yamawaki2527 | 2009-04-08 13:03 | 京都の話題  

<< 桜の街・西向日 地方学会 >>