京都市美術館 画室の栖鳳


明治から昭和初期にかけて活躍した京都を代表する日本画家の一人、竹内栖鳳。
京都市美術館では、所蔵されている竹内栖鳳の作品を展示した「画室の栖鳳」展が現在開催されています。

c0193833_11223012.jpg

竹内栖鳳の作品では身の回りの生き物や風景がモチーフとしてよく扱われており、とくに雀や犬の絵などは有名です。
動物のしぐさや生き生きとした表情を観察するために、自宅にイヌ・ネコ・ニワトリをはじめサルやカモメ、イタチまで飼っていたと言いますから驚きです。

展覧会では彼が作品を仕上げるまでに書きためたスケッチブックも実際の作品とあわせて展示されています。
1つの作品、1匹の動物を書くために本当にたくさんのスケッチが行われており圧巻です。絵に対する情熱と同時に、動物に対する愛着も強く感じ取られます。

ちなみに、ニワトリや小動物をよくモチーフにした江戸時代の日本画家、伊藤若冲も自宅でたくさんのニワトリを飼っていたと聞きます。なんだかよく似たエピソードですよね。

c0193833_1123488.jpg

写真は竹内栖鳳の代表作の1つ「清閑」。1935年の作品です。
1900年ごろからパリへ留学されていた事もあってか、日本画の枠や、はたまた時代さえも越えた魅力に溢れていると思います。
この絵はポストカードにもなっており、美術館内で買うことが出来ます。

なお展覧会の期間は3月29日(日曜日)までとなっています。
興味をお持ちの方は是非とも足を運ばれることをお勧めします。

c0193833_11232164.jpg

by yamawaki2527 | 2009-03-26 11:29 | 京都の話題  

<< 3月26日の話 京都は早くも桜の季節 >>