宇治茶のラングドシャ


京都・北山のマールブランシュさんが京都限定で販売されている「茶の菓」というラングドシャがあります。

c0193833_22463087.jpg

「茶の菓」は、宇治の濃茶をふんだんに使ったホワイトチョコのラングドシャです。京都大丸でも手に入れることができます。
他府県の友人に進呈するととっても喜ばれる逸品ですが、副院長はこれを自分のおやつに買う始末。
(写真の器は清水焼陶磁器本舗ひろ吉さんの器です。)


c0193833_2247192.jpgスイーツ売り場は早くもバレンタイン商戦に突入しており、「茶の菓」も特別な装いで販売されていました。

おやつに買おうとすると、ご丁寧に「バレンタインの包装でよろしいでしょうか」と尋ねられてしまいました・・・

みなさんもバレンタインデーのチョコに、自分のおやつにいかがですか?

by yamawaki2527 | 2009-01-17 23:53 | 京都の話題  

<< 正しくない歯並び、不正咬合とは? くるり、京都のロックバンド >>