地下道壁画アート


先日診療を終えて四条通の地下道を歩いていると、謎の壁画を発見!

c0193833_22572995.jpg


c0193833_2258286.jpgこれは、京都工芸繊維大学・大学院修士課程の奥井優佑さんの作品なのだそうです。

(参考)
四条地下道に壁画!? (京都新聞)
FUN MORE (京都工芸繊維大学)


殺風景だった四条通地下道がポップに大変身!お見事です。
壁画は診療所の前の地下道(大丸あたり)から藤井大丸の近くまで続いてましたので、かなりの広さにわたります。


c0193833_2258466.jpg壁の汚れや配管なんかも非常に上手くデザインに取り入れられており、遊び心満点ですね。こういうのは大好きです。
ちょっとゲーム&ウォッチ(任天堂が昔発売していたLSIゲーム)を思い出したりしました。
こういった「遊び」の文化って、京都が世界に誇ることのできる貴重なものだと思うのですが、いかがでしょうか・・


素晴らしい作品ですので常設にして欲しかったのですが、どうやら期間限定で明日までのようです。残念!
無くなる前にもう一度見ておきたいです。

ちなみに、私の一番のお気に入りはこれです。

c0193833_22592186.jpg

by yamawaki2527 | 2009-01-11 17:55 | 京都の話題  

<< 歯の数は何本? どうして歯は動くの? (3) >>